【WordPress】Exif情報を自動で削除する方法

WordPress

こんちにちは。サラマです。

メタ情報削除の続きですが、今回はExif情報を削除する方法を紹介していきます。

このExif情報(イグジフと読みます)は撮影日時や撮影機種、位置情報が登録されていることもあって、もし何も考えずに写真をアップしまくってしまったら個人を特定されかねない重要な情報なのです。私もブログをアップして数日、Exif情報を削除せずバンバン写真上げてしまっていたので、個人情報駄々洩れ状態ですごしておりました。(お、恐ろしい・・・)

Exif情報の中にはGPS情報が載っています。これが一番やっかいです。GPS情報が載ってしまうと住所が簡単に特定できてしまうからです。

定かではありませんが、大手会社のSNS(FacebookやLINEとか)なんかはExif情報は自動で削除される(?)ようなのですが、WordPressはExif情報載せたままアップされちゃうので、個人で削除する必要があります。

調べてみると、削除方法はものすごく簡単でしたので、さくっと対処しちゃいましょう!

 

インストール

プラグイン⇒キーワードから「EWWW Image Optimizer」を検索⇒「今すぐインストール」をクリック。インストールが完了したら、「有効化」をクリック。

設定をクリック。

 

「ベーシック」タブにある、メタデータを削除をクリック。なんとExif情報を消去の作業はこれで完了です。作業以降にアップされた写真は、自動でExif情報を削除してくれます。

EWWW Image OptimizerではExif情報削除だけでも十分なのですが、そのほかにも便利な機能があります。調べた中でこれはいいなーと思ったものを紹介します!

変換

変換設定(png→jpg、jpg→png)を自動で行ってくれるようです。ただ、必要ないのに自動的に変換されてしまって、無駄にファイルが増えるので使わないように設定しておくといいです。拡張子が変わると画像の質も下がるようなので、設定しておいて損はなさそう。「変換」タブから「コンバージョンリンクを非表示」にチェック⇒「変更を保存」をクリックで完了。

一括圧縮

EWWW Image Optimizerをインストールする前に、投稿した写真を一括圧縮する方法です。一緒にExif情報を削除もできます。

メディア⇒一括最適化をクリック。

 

 

 

 

 

 

「最適化されてない画像をスキャンする」をクリック。※注意※画像にも一括最適化は一回変更してしまったらもとに戻すことはできません。実行する前にバックアップをとると安心です。

ステータスが完了になるまで、ちょと待ちます。ステータスが完了になったら作業は完了です。

まとめ

以上、Exif情報を削除する方法&便利な機能を紹介しました。ブログを彩り豊かにするためには、写真は必要不可欠な存在です。Exif情報は写真管理をするときなどに便利な反面、不特定多数の人に見せるときには慎重な取り扱いが必要ですね。Exif情報自体が悪いというわけではないので、使うシーンによって上手く使い分けれたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました